院長ブログ

2016年1月18日 月曜日

免疫療法

ガン治療に免疫治療が効果的であるということは、テレビ、雑誌とうで紹介されることが多くなってきました。
メカニズムを簡単に説明しますと、自分の体内にある免疫をさらにアップさせ、がんを殺すということです。
まず、難しい学術的なことはさておき、方法としては体内から血液を採血し約2週間かけて培養します。
その培養した免疫細胞だけ体内に戻します。

培養したことにより免疫細胞の数が増えがんを消滅させます。

ただし、二週間の培養期間があるため、がんの細胞分裂との時間が勝負になってきます。
医師は免疫の数とガン細胞の数を計りながら投与のタイミングを決めます。
約6回が1クールになります。
ただし、個人差あり。


投稿者 東京中央メディカルクリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ