スタッフブログ

2018年10月 4日 木曜日

外反母趾になりやすい靴とは?②

こんにちわヽ(^o^)丿

リハビリテーション科です♪
リハビリテーション科では、外反母趾のリハビリを専門的に行っております。
外反母趾の方から質問の多い、
外反母趾になりやすい靴の特徴について気ままに更新していきます(^^)/

『靴底の踵が大きく擦り減っている』
外反母趾の方でよくあるのが、
「自分の足に合う靴が少なくて、新しい靴を探すのがホントに大変!
だから、この靴しか履く靴がないんです。」
という悩み。
ほんとに外反母趾で悩んでいる人ほど靴探しにとても困っております。
お話を聞いていると、そのお悩みの深刻さがひしひしと伝わってきます。(>_<)
そういった理由等から、唯一履くことができる靴を長く履いている方が多いです。
しかし、中には靴底の踵部分が大きく擦り減ったまま履いている方もおります。

踵は足の骨格を正しく保つ為に一番重要な部位です。(^_^)
靴底の踵が擦り減った靴、踵が緩い靴を履いていると、踵に正しく体重をかけられず、
足の骨格を崩し外反母趾を悪化させてしまいます。
手間がかかりますが、踵の擦り減りを修理する、新しい靴を買うなどして、
外反母趾の悪化を防ぎましょう!
そして、正しい歩き方に修正するためにも当院でのリハビリをお勧めします(^○^)



投稿者 銀座住心クリニック