外反母趾専門外来

外反母趾とは?

①足の親指が小指側に変形し、「くの字」になる状態
「くの字」になる状態
正しくない歩き方やハイヒールや合わない靴を履くことによって外反母趾を生じる方(特に女性)が急増しています。
その他、関節リウマチの合併症としても外反母趾を生じる場合があります。進行すると、普通の靴でも違和感を生じ、歩くだけで痛みがでるようになり、足は変形して普通の靴が履けなくなります。
②膝や股関節まで痛む
外反母趾の症状が軽いうちは、きつい靴を履くのをやめると痛みは和らぎます。しかし、一度外反母趾になると、 痛みが軽くなっても歩くだけで自然に親指の変形は進行していきます。外反母趾が進行すると、一度は痛みが無くなることがありますが、そのままにしておくと更に変形が進行してしまう恐れがあります
③タコができやすくなる
親指で蹴り返すことができなくなるので、足の裏の他の部位に負担がかかります。それにより、人差し指や小指の付け根などにタコができやすくなり、痛みが生じることもあります。
④巻き爪になりやすい
足の親指が「くの字」に曲がることで、体重の負荷が爪の側面に加わります。そうした状態が続くことによって親指の爪は次第に巻き爪になっていくこともあります。
⑤脚の長さが変わってしまう
足が変形することで負担が片寄り、体全体のバランスが崩れやすくなります。さらには骨盤がずれて脚の長さが変わってしまうこともあります。
※さらに外反母趾の多くは、扁平足も伴っています。また足の“縦横のアーチ”がつぶれ横幅の広い開帳足にもなっていることが多く、これも外反母趾の諸症状を生じる要因となっています。

外反母趾の手術のリスクと盲点

外反母趾
最近は日帰り手術が流行っていますから、すごく簡単に考えているのだと思います。 しかし考えなくてはいけないのは手術後です。 手術後は、骨を削っていますから親指が極端に短くなります。 上から見た形はまっすぐで良くなったように感じられますが、身体を支えているのは親指ですから、 親指が短くなればその機能は失われることになります。多くの方の外反母趾になる原因は、歩き方や指の関節周囲の機能が低下していることがほとんどであるため、手術をしても外反母趾が再発してしまうこともあるのです。
外反母趾は手術なんて必要ないのです。
手術をするのであれば、その前にやることがあるはずです。

当院での外反母趾治療

外反母趾治療のための運動療法で重要なのは、親指の付け根の関節が「くの字」での固定を防ぐこと、それに関節周囲の筋力強化です。外反母趾は自分で行える運動療法もありますが、無理して自分の手で外反母趾を矯正しようとすると、逆に足の親指を引っ張る筋肉が硬くなってしまい、症状を悪化させてしまうこともあります。
そのため当院の外反母趾専門である理学療法士と一緒に運動を行うことで、硬くなった筋肉を緩め必要な筋肉の強化を行うことで、外反母趾の症状を改善することが出来ます。
当クリニックでは、『外反母趾専門外来』を設置し、保険診療で治療することが出来ます。外反母趾でお悩みの方は、症状が進行してしまう前に是非ご相談下さい。