HOME > リハビリテーション

リハビリテーション

介護サービス
銀座中央メディカルクリニックでは、リハビリテーションセンターを併設しています。

こんな方はぜひご利用ください

  • 在宅での療養をはじめた
  • 大きい病院に入院していたが、三ヶ月たったので退院をすすめられた
  • 自宅でなるべくできることを増やしたい
  • 寝たきりになりたくない
  • 病院で運動指導を勧められたが、やり方がわからない
  • 大きな手術をした
当院のリハビリテーションセンターには、リハビリの専門である理学療法士、全身の骨・筋肉の動きについて精通している柔道整復師、そして看護師がそろっています。
歩行機能の回復から、寝ている状態で起こる全身のむくみ、腰痛など、様々な身体機能の改善をはかることができます。
痛む部位・動きが悪くなっている部位だけではなく、全身を見てケアをすることができるため、より早く・的確に症状の改善をはかることができます。

外来について

当院の立地上、銀座などでお仕事帰りの方、休憩中の方などにご来院頂いています。

肩こり、腰痛、股関節の痛み、膝の痛み、外反母趾、リンパ浮腫など様々な症状の方にご利用頂いています。徹底した問診と全身の姿勢の検査で総合的に判断し、痛みの部位のみならず、全身を評価して痛みの根本から治療します。

膝の痛み専門外来

内科
膝の悩みは非常に多くの人が抱えています。
高齢者に多い変形性膝関節症、成長期に多いオスグッド・シュラッター病など、男女問わず幅広い年齢層で痛みに悩まされています。
また意外に多いO脚、X脚も今は痛くなくてもそのまま放置すると中年期以降、膝の軟骨がすり減り変形性膝関節症に進行し、歩行時に辛い痛みが出る原因となりえます。

どうして膝の変形が起きるのか?

ここではわかりやすくO脚、X脚について話したいと思います。O脚、X脚というと膝関節の変形ですが、その原因の多くは骨盤のゆがみに起因します。
なぜ骨盤のゆがみが膝に影響するのでしょうか?それは人体の構造上、骨盤が前傾(反り腰)すると大腿骨は内側に捻れX脚になりやすくなり、反対に骨盤が後傾すると大腿骨が外に開きO脚になりやすくなるのです。
また、脚を組む・あぐらをかく・ぺたんこ座りなどの日常生活での癖が骨盤のゆがみに影響し、ひいては膝が変形する要因にもなるのです。
さらに中年期以降に膝の痛みを訴える人が多いのは、膝周りの筋力が衰えたり体重が増えたりすることで関節への負担が大きくなるためと考えられています。

骨盤のゆがみを治し、膝の痛みを治していく

よく世間一般に出ている本やテレビ番組などでは「O脚の矯正にはこの運動!」というように一様に同じ運動が薦められています。
しかし、人の身体は一人一人違います。上記にあげたように、日常生活での癖も人によって異なります。O脚だからといって一様に内転筋群を鍛えるだけではダメなのです。O脚・X脚の方が凝りやすい筋肉群を緩めてから運動することで骨盤のゆがみが治り、膝への負担が少なくなるのです。
そのため当院では、専門の理学療法士が硬くなった筋肉を緩め必要な筋肉の強化を行うことで、膝アライメントの改善・膝痛の症状を改善することが出来ます。膝の痛みでお悩みの方は、症状が進行してしまう前に是非一度ご相談下さい。

肘の痛み専門外来

内科
肘の痛みにお困りではありませんか?
肘の痛みには、上腕骨外側上顆炎(テニス肘)や上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、野球肘といったスポーツをされている方に多い疾患だけでなく、骨折や尺骨神経麻痺、変形性肘関節症といったスポーツ以外でも起こりうる疾患も多く、どの年代においてもみられる症状です。
当院では、肘の疾患があってスポーツが困難な人、骨折後に十分なリハビリが受けられなかった人、よくわからないけれど痛みがある人などを対象に、専門の理学療法士が評価・治療をさせていただいております。
肘疾患の中でも比較的多い上腕骨外側上顆炎(テニス肘)について簡単に説明していきます。

上腕骨外側上顆炎とは?

テニスのバックハンドで打つ際の衝撃が肘に繰り返し伝わることで発症することが多いため、テニス肘とも呼ばれています。その他にも、肘を伸ばした状態で物を持ち上げる動作やタオルを搾る動作でも発症することがあるため、日常生活でも起こりうる疾患です。
肘や手首、指を伸ばす際に働く筋肉に負担がかかると、その筋肉が付着する肘の外側部に痛みが生じます。痛みが生じた場合には、無理をしてしまうと症状が悪化する恐れがあるため、できるだけ安静にする必要があります。

当院では、緊張した筋肉の柔軟性の改善や、適切な運動方法の指導、再発予防のための運動療法を患者様一人ひとりに沿った方法で提供させていただきます。

全身的な評価により原因の根本から治療していく

これまで述べてきた以外にも、肩関節や肩甲骨、体幹などの動きが硬かったり、運動の際の体幹から肩、肘への力の伝わり方が悪かったりすると、肘周囲の関節や靭帯、筋肉への過度なストレスが加わり肘に痛みを生じることがあります。痛みが生じたら無理をせず、一度当院へご相談ください。専門の理学療法士が全身的に評価し、治療させていただきます。

スポーツコンディショニングについて

プロアスリートの方から健康の為に運動を行う社会人の方まで、幅広い方にご来院頂いています。

野球肘・肩、前十字靭帯損傷、足首の痛み、肩、肘に痛みが発症しプレーに支障がでた方、怪我の予防や全身のコンディショニングを整えたい方などにご利用頂いています。理学療法士や柔道整復師により、関節の柔軟性、筋力強化、身体の協調性向上、バランスの向上、患部のケア及び再発予防のためホームプログラムの指導などを行っています。

訪問リハビリテーションについて

人工股関節・膝関節の手術を受けられた方や糖尿病や認知症の方などに向けて、リハビリの専門家である理学療法士などにより、関節可動域の確保・筋力強化・セルフエクササイズの指導・ご家族への指導・生活環境の改善を行います。
ご利用可能な方
主に介護保険を受けられており、要支援・要介護認定を受けられている方。
必要な手続き
開始するに当たって、まず医師による「訪問リハビリテーション指示書」が必要となります。その後、担当のケアマネージャーや療法士との担当者会議を行い、訪問サービスを開始します。詳しくは当院のスタッフへお問い合わせ下さい。

産後リハ専門外来

出産後に体型がもとに戻らないといったことでお悩みではありませんか?

多くの女性が出産後におなかや太もものたるみ、腰痛や各関節の痛みが出現するといったからだの変化を感じています。特に、お尻周りの骨格が広くなったと感じる方が多くみられます。出産後のこういった変化の原因は骨盤の歪みだけでなく、股関節のズレや骨盤帯周囲の筋肉の緊張や筋力低下、生活習慣など様々です。そのため、骨盤矯正のみを行っていてもまたすぐに戻ってしまい持続的な効果が得られないのです。

当院では、専門の理学療法士が骨盤矯正をはじめとした全身の関節・筋緊張の調整やエクササイズの指導を行い産後の体の不調を根本から取り除きます。産後は様々な体の変化が現われやすいため、骨格の変化やたるみ、痛みといった症状以外にも不調を感じましたら一度当院へご相談下さい。当院には婦人科もあり、女医による無料相談も行っております。

まずはお問い合わせください

ご利用は予約制となっております。下記の時間にお電話下さい。

診療時間
9:00~19:00
休診日:日曜日・祝日