マクロファージ活性化療法

免疫とは

 体の外部から侵入してきた病原体など、異物を攻撃する「免疫システム」には、「自然免疫」と「獲得免疫」という2種類のシステムがあります。

生まれた時から備わっている「自然免疫」を担当する細胞は、異物を食べて排除するため、貪食細胞とも呼ばれています。ナチユラルキラー(NK)細胞をはじめいくつか存在しますが、主役といえるのがマクロフアージです。体の中を回りながら、病原体などの異物を貪食しています。風邪をひいたときに自然に治るなど、自然治癒力が発揮されるのも、自然免疫のおかげです。

一方、後天的な免疫システムである「獲得免疫」は、病原体の情報を受け取り、病原体を効率的に排除すること。リンパ球の中のB細胞やT細胞が主となって活躍し、樹状細胞やマクロフアージなどから病原体の情報を受け取ると、病原体に対する抗体やキラー細胞を作り出します。病原体の構造を記憶することで、一度かかった病気には罹引しにくくなり、たとえもうー度同じ病気に罹っても治りが早くなります。

マクロファージは、病気に罹ってからではなく、罹る前に働いて健康在守る予防医学という観点からも重要な細胞群です。さらに言えば、マクロフアージは感染症予防を超えて健康を維持する重要なシステムを担っています。

マクロファージの働き

 そもそも免疫システムを担っているのは血液中の白血球(下図参照)。各免疫細胞それぞれが自分の役割を果たすことで健康は守られますが、そのなかで最も重要なのがマクロファージなのです。
 自然免疫の主役であるマクロフアージは、異物を自身の体内に取り込み、酵素によって分解·処理を行います。そして、取り込まれる異物は外部から侵入してきた病原体だけでなくPM2.5などのほこりのような無機物から、人間の体内で死んだ細胞、変異したたんぱく質、酸化したコレステロール、そして癌細胞なども、処理することができます。
 つまり、マクロフアージは、体内にある不必要なあらゆるゴミを掃除してくれるのです。

たとえば、顆粒球に対して、体内に侵入してきた細菌ヘの攻撃を命じるのも、B細胞やT細胞に異物の情報を伝え、それに対抗する抗体を作らせるのもまたマクロファージです、つまり、マクロファージは体内に侵入した病原体や老廃物などの異物を貪食し処理するだけでなく、免疫細胞全体をコントロールしているのです。それだけではありません。さらには臓器や器官のサポートも行なっているのです。

「マクロファージ·ネツトワーク」は生体恒常性の維持の基礎

マワロフアージは、体の至るところに存在し、それぞれが情報交換しています。
その場所は、皮膚、筋肉、骨、肝臓、小腸、大腸、生殖器、脳······。あらゆる場所で異物を処理しています。

また、マクロフアージはそれぞれの部位で、いろいろな呼び方をされています。
例えば、脳のマクロフアージはマイクログリア、肺では肺胞マクロフアージ、肝臓ではクツハー細胞、皮膚ではランゲルハンス細胞などです。これらのマクロフアージは、呼び方こそ違っても、それぞれが密に情報をやり取りし、隣接細胞間伝達を行い、情報を全身で交換しています。特に腸管や腸内細菌などの免疫系に深い関与のある部分との関連が近年注目されています。
 このような生体防御システムは「マクロフアージ·ネツトワーク」と命名されています。

「マクロフアージ·ネツトワーク」は神経系や内分泌系と連携しながら、代謝やホルモン調整などに大きな影響を及ぼし感染防御·新陳代謝·傷の修復など、生体恒常性の維持の基礎となっていると考えられています。

マクロファージの「免疫調整機能」

「マクロファージ」は免疫系を始め、生体恒常性の維持の基礎となっており、単に免疫系を強化活性化するだけでなく、過剰免疫に対してそれを正常化する「免疫調整機能」を有していると考えられています。このため、癌や体調不全などの免疫低下の場合のみならず、花粉症やアトピーを始めとする免疫異常疾患にも大きな治療効果が望めるのです。

免疫調整因子

このように多くの疾患で非常に効果的な働きをする「マクロファージ」ですが、一般の方は、日常生活習慣やストレスでその活性が大幅に低下しています。
我々は、この「マクロファージ」を活性化する事によって多くの疾患の治療に応用しました。そして、「マクロファージ」を活性化する物質を「免疫調整因子」immune regulating factor(iRF)と命名し、「マクロファージ活性化療法」を行なっております。

各種疾患効果

感染症予防

免疫細胞を活性化してインフルエンザ、風邪0157等の感染症を予防。

美肌効果

肌を構成する要の存在である、繊維芽細胞が増殖するとコラーゲンやヒアルロン酸といった主要成分の合成が活発になります。そして、この細胞が活発化すれば、肌の新陳代謝力が高まり、肌のハリやツヤもアツプ。若々しい肌ヘと導きます。その増殖に肌のマクロフアージが関与しています。

アトピー改善

そもそもアトピー性皮膚炎は、獲得免疫のバランスが崩れることが原因。
獲得免疫をコントロールするのは自然免疫でありその司令塔であるマクロフアージを活性化する事で免疫系のバランスを整える事できるのです。

花粉症、アレルギー抑制

アトピーなどのアレルギー同様、花粉症や各種アレルギーもまた獲得免疫のバランスが乱れたことが原因。マクロファージ活性化による効果は先に述ベた通リ。

糖尿病予防

AGEsとは終末糖化産物と呼ばれ、糖尿病はもとより、神経障害や腎不全
などの合併症も引き起こします。マクロフアージの貪食機能を高めAGEsを排除することで、血糖値を低下が望めます。

質異常症予防

脂質異常症とは、血液中にいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールなどが過剩に増加している状態。マクロファージにはLDLコレステロールだけを取り込む作用があります。

アルツハイマー予防

アルツハイマー病の原因は老人斑を構成するアミロイド日という物質が脳に溜まること。これが神経細胞を殺す引き金になり、最終的には脳が萎縮することになる。
これを予防するためには、脳のマクロフアージであるマイクログリアの機能を活性化させることが大切。

骨粗鬆症予防

骨は絶えず破壊と形成が繰返される骨サイクルによって強度を維持しています。
ところが年をとってくるとこのサイクルに乱れが生じ、それが骨粗しよう症の原因になります。マクロフアージはこのサイクルを正常化する働きかあります。

  • がん細胞を日夜、除去
  • 抗がん剤副作用も抑制

私たちの体には1日5000個ものがん細胞ができますが、その排除に立ち向かってくれるのがマクロフアージとNK細胞です。

自然免疫
マクロファージは体の至るところにいる