Q&A

がん治療についての質問

免疫療法とはそもそも、どういう治療ですか?

体内にもっている免疫とがんは常に闘っています。
従って、体内の免疫を増やすことによりがん細胞への攻撃力を強化します。
具体的には、採血(50mg)を行い血中の免疫細胞を約2週間培養します。
培養することにより免疫細胞を約200憶まで増やし、点滴により体内に戻します。
この治療を6回~12回繰り返します。

ページの上へ戻る

確実に効果が出ますか?

もちろん全て治るとは言い切れません。
治癒したケースも多く、生存率もかなり上がることがわかっています。しかしながら患者様ご本人の状態、体温、がんの場所、大きさなど、大きく影響してきますので徹底的に一人ひとりにあったオーダーメイドの治療を徹底的に行います

ページの上へ戻る

予約は必要ですか?

全国から患者様が来られるので、がん治療は予約制になっています。
また、培養期間が約2週間かかりますので日程を確定させるために予約制です

ページの上へ戻る

治療にデメリットはありますか?

身体に負担はかけませんが、患者さまにとっては、費用面が一番のネックになります。
基本的に免疫治療は、全てが自費診療となるため、医療費がかかります。

ページの上へ戻る